業界最大枠!1000万円までの借り入れ

みずほ銀行は最大で1000万円まで借り入れできます。ここまでの大型融資ができるのは銀行系カードローンだけで、その中でも一部の銀行だけができる貸付となります。さすが日本を代表するメガバンクです。

もちろん借りる側もいきなり1000万円は借りられず、ある程度の利用実績が必要となります。

 

審査はそこそこ厳しいです

大型の借り入れができて金利も安いみずほ銀行カードローンですが、審査はそこそこ厳しくなっています。

返済の事故歴があればもちろん審査には通りませんし、他社からの借り入れ件数などもチェックされます。

あまり多額の借り入れがあると審査に通らない場合があります。
他社からの借り入れはできる限り一本化しておきましょう。

 

カードローンの枠を持っていることのデメリット

カードローンは、フリーローンですし自由な用途にお使いいただけます。
とくにみずほ銀行のカードローンは枠も大きいですし強力な味方になってくれます。

ただし、注意していただきたいのは、あまりに枠の大きなカードをたくさん持っていると、住宅ローンの審査時に銀行が警戒して貸してくれないケースがあるのです。

このデメリットはあまり語られませんが、もしも思い当たる節がないのに住宅ローンの審査に通らない場合は、カードローンの枠を持ちすぎていないかチェックしてみてください。

枠は信用情報機関に問い合わせることでわかります。
不要なカードローンは解約しておきましょう。あまり分不相応な枠を持ちすぎないようにしましょう。

 

会社員の間に作っておこう

カードローンの不要な枠は解約しておくに越したことはないのですが、自営業を考えている方は会社員の間にカードローンの枠を作っておくことをおススメします。

自営業になるとローンに通ることは非常に困難になります。
とくに営業年数が浅いうちは審査に通ることは難しいです。

そのため、将来的に独立を考えている方は、会社員で信用のあるうちにカードローンを作っておきましょう。
自営業は資金繰りが大変です。銀行もすぐには貸してくれませんし、無担保無保証人のカードローンは作っておくと後々力強い味方になってくれるでしょう。

 

金利が低いのも魅力です

金利は4%~14%となっています。

消費者金融に比べて金利が低いですよね。借り入れの実績がない方は金利が最大の14%が適用されるのですが、最大枠の800万円~1000万円までの利用限度額を付与された場合は4%ですみます。非常に安い金利でおススメです。