融資の上限について知ろう

ノーローンは消費者金融ですので、ある程度の借入はできますが、銀行ほど多額の借りれはできなくなっています。
限度額は1万円~300万円となります。

ですが最初の申し込みではそれほど多額の借入はできませんのでご注意ください。
申請金額よりも低い限度額になって審査が通ることはままあります。

それは現時点での信用が低いと言うことですので、仕方がないことなのです。
信用を上げるには簡単です。使って、期日までに確実に返すことです。
もちろん金利と一緒に返済することです。

社会人にとって、借りたお金をしっかり返すことほど大切なことはありません。
それが信用につながり、社会的信用そのものになるのです。

たとえ相手が消費者金融のノーローンであろうと、それはかわりありません。
お金を期日までに返済しなかったことで、困るのはノーローンではなくあなた自身なのです。
それをしっかり心得ましょう。

 

返済日は自由に選べます

ノーローンでは返済日は自由にお選びいただけます。
毎月の返済で、もっとも入金に適した日をお選びください。
ただし、一点だけ注意事項があります。

返済日の16日前に返済すると、臨時入金の扱いとなります。
そのため次の返済日が翌月に延びますのでご注意ください。

 

返済方法も選べます

消費者金融や銀行系カードローンの借入では、リボ固定の返済だったりするパターンが多いのですが、ノーローンでは返済方法が自由に選べます。

リボ払い、分割払い、一括払いです。
30万円限度額で残高が10万円以内の場合は、4000円の返済でいいのです。
もちろんここに利息も入っていますので、返済額は4000円のみでいいのです。

リボ払いは大変便利ですが、低額の返済プランにすると支払が長期になります。
それはそれでポイントが貯まったり等してお得なのですが、利息の支払も増えます。
ですのでリボがいやならば分割を組むなどすると良いでしょう。

また一括返済すると利息がお得になります。

 

繰り上げ返済も考えよう

毎月の支払を設定して、たとえばボーナスや臨時収入などで少し余裕があるとき、またリボを最低限に設定して浮いたお金をプールしたりなど、そんなときは一部繰上げ返済をしましょう。その分元本がたくさん減って利息が大きく軽減されます。

低額のリボを設定して、毎月の余剰資金をプールしておいて、半年に一回などの期間を置いて繰り上げ返済するとドンドン返済できますよ。