返済方法が選べます

ネットからの返済、口座振替、コンビニでの返済、振込による返済など、さまざまなパターンから生活習慣に合った方法で返済していただけます。
各返済方法について見て行きたいと思います。

 

インターネット返済

パソコンやスマホからの返済です。
いちいちATMや店舗にいかなくても自宅で返済できますし、24時間返済できますよね。

img32

銀行振り込みを使いましょう。
プロミスインターネット会員サービスからご利用ください。
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行ならすぐにご利用いただけます。

 

口座振替

口座振替も使えます。どこの銀行でも返済できます。
振り込み手数料がかからないのが魅力です。
定期的に返済できるので、振り込む手間がかかりません。

口座振替の引き落としの日は、三井住友銀行とジャパンネット銀行ならば5、15、25、末日のいずれかです。

その他の銀行は5日の引き落としになります。
プロミスのインターネット会員サービスから口座を登録しましょう。

 

店頭やプロミスのATMで

スクリーンショット 2016-08-09 18.14.34

店頭やプロミスのATMに出向いて返済することも可能です。
返済は出向く手間がかかりますが、手数料は無料です。
全国にありますので、気軽に返済に立ち寄ってみてください。

 

提携ATMやコンビニで

提携ATMで返済もできますが、たいていの場合、手数料がかかります。
コンビニでの返済の場合は手数料無料ですのでコンビニを利用しましょう。
ローソン、ミニストップ、ファミリーマートなどです。

 

銀行振り込み

ご自身の口座から銀行振り込みで返済も可能です。
その場合、振り込み手数料がかかります。
振込先は、インターネット会員サービスでご確認いただくか、プロミスのフリーコールで聞いてください。

 

返済の期限は?

返済の期限ですが、毎月5日、15日、25日、末日の中から選べます。

 

返済金額は?

借入の残高に応じて、返済額がかわる方式です。
これを残高スライド元利定額返済方式といいます。
これは少し複雑ですので、下記に書いてみます。

5万円をキャッシングすると、2000円返済
1万円返済して、追加で10万円キャッシングすると、6000円返済
10万円返済すると残り4万円、6000円返済(最終借入後の借入残高が14万円なので)
さらに1万円キャッシングすると、返済2000円(最終借入後の借入残高が5万円なので)

 

返済回数は?

返済回数は、残高に応じて上限があります。

30万円以下なら、36回まで
30万円~100万円なら 60回まで
100万円~なら、80回まで

となります。