フリーローンは何にでも使えます。

銀行とちがって使い道自由な銀行系カードローンと消費者金融のキャッシング。
どのような使い道でも制限されないのが嬉しいですよね。

ただし、フリーローンでなおかつ無担保無保証人であるキャッシングは、貸し手にとってもリスクが高いため、きちんとした審査と目的ローンと比べ高い金利で運営されています。

 

金利は上限は18%

大抵のキャッシングは金利18%前後で運用されています。
これは法律上で規定されており、貸し倒れリスクも含んでいるため金利を設定することによって、不良債権発生を見込んだ利益をあげているのです。

ですが、この金利を下げる方法があります。

それは、限度額の上限をあげることです。

entry-12-3

そうすることによって、借りられるお金の上限は増えますし、金利もさがります。
たとえばみずほ銀行カードローンなどでは最大1000万円の借り入れで4%の金利で借り入れることができるのです

借り入れ枠の上限を増やすためには方法はただひとつです。それは、借り入れを行ってしっかり返すこと、つまり利用実績を積み上げることです。

たくさん利用してちゃんと返済することで、この人はしっかりと返してくれる人だという信頼がついて、限度額があがるのです。

信頼がつくことは社会人としての信用が増すことです。これは重要なことです。

 

収入証明提出などのきちんとした審査

貸し倒れが増えて自己破産者が増大して社会問題になりました。

そのため貸金業法に総量規制が導入され、多額の借り入れが不可能になりました。
消費者金融では収入の1/3までの借り入れが上限となり、

50万円を超えた借り入れには収入証明も必要な業者が多くなりました。

GB401a

収入で限度額が決まるため、かならず収入を証明するものが必要となり、これまで消費者金融では無職の人や専業主婦でも借り入れできていたのが、それが不可能になりました。

このように社会の動向によって法律が徐々に定められ、それによってカードローン業界も影響を受けています。

借り入れが減った各ローン会社はサービス合戦を繰り広げ、30日間金利無料などのサービスが行われているのもそのためです。

消費者にとっては安全でサービス競争の行われている業界を利用できることは大変大きなメリットです。

 

統計からも審査しています

business concept. http://i403.photobucket.com/albums/pp117/adempercem/02businesschart.png
審査の際、統計データも利用しています。

たとえば申込者と同じ年齢、収入、家族構成、持ち家区分、勤務状況などが近いデータをサンプルの中から取り出し、その人の返済率などを見て、返済予測を立てるのです。

莫大な統計データを持っていますので、極端に盛った収入を書いてもばれてしまいます。