最大限度額はなんと1000万円

銀行系カードローンのすごいところは、最大で1000万円まで借り入れできるところです。
もちろん1000万の上限を設けていないところもありますが、たとえばみずほ銀行などは1000万円が上限です。

最初から多額の貸付はしてもらえませんが、何度も利用して返済を確実に行うことで上限が上がり、また同時に金利も下がっていきますのでおススメです。

長い付き合いをしていくのに最適なのが銀行系カードローンの特徴です。

87da24e1

 

借り入れに制限がありません

一時期、フリーローンを使いすぎて破産したり、強引な取立てが問題になったことがありました。
自転車操業を繰り返して結果破産したり、一家離散になったりしたことが社会問題になったことを受けて、平成22年に総量規制が導入されました。

sozai2

これは年収の1/3以上の借り入れができないという制限で、これによって身の丈にあった借り入れができるようになりました。

ただしここで注意が必要なのは、総量規制は貸金業法の法律であって、消費者金融のみに適用される法律だと言うことです。

銀行系カードローンは文字通り銀行のサービスですので、法律は銀行法です。
法律が異なりますので、銀行には総量規制は適用されません。

今後、限度額が設定される可能性はありますが、今のところ総量規制は銀行系カードローンにはありません。

信用力さえつけば、年収以上の借り入れも可能です。
ただしご利用は計画的に行いましょう。

 

ネット系の銀行もあります

楽天銀行やジャパンネット銀行など、店舗を持たないインターネット銀行も、積極的にカードローンに乗り出しています

ネット銀行ならば申し込みも人に知られずに完結することができますし、非常に便利です。
そして何より、店舗を持たない身軽な経営である上、後発の銀行ですので利用を促進するために金利が安く設定されているのが魅力です。

できる限り金利を抑えたい場合は、ネット系の銀行カードローンを検討しましょう。

 

ネット系銀行を利用する際の注意点

便利なネット系銀行のカードローンですが、注意点があります。

それは多くのネット系銀行のカードローンが、自社での口座開設を条件にしているのです。
ネット系銀行ならば申し込みはネットで完結できてすばやく対応してくれますが、この銀行口座の開設に手間取ることがあるのです。

口座の開設にはさまざまな手続きが必要で、1週間前後かかるケースもあります。
そうなりますとやはり借り入れ手続き自体が完了するのも遅れてしまいますので注意が必要です。