本人確認書類と収入証明を準備しよう

お金がない!そんなときに気軽にキャッシングできるのが消費者金融です。
ですが消費者金融で借りるときに、どんな準備をしたらいいのでしょうか?
まず必要なのは、本人確認書類です。

運転免許証がベスト

menkyo_gold

運転免許証を返納した方は運転経歴証明書などでも構いません。
運転免許証が一番手っ取り早いのですが、持っていない方はパスポートなどでも代用可能です。写真と住所が載っているページを準備してください。

あとは障害者手帳などの公的機関が発行した写真と住所入りの証明書なども使えます。
在留カードなどでもOKです。つまり永住許可があれば外国人でも借り入れができます。

 

消費者金融は収入を証明する書類が必要です。

平成22年に貸金業法に総量規制が導入されました。
これによって年収の1/3以上の借り入れは不可能になったのです。

そのため年収を証明しなければ1/3の上限金額が設定できませんので、消費者金融で借り入れする際は年収を証明するものが必要です。

GB401a

お勤めの方の場合は源泉徴収票や納税証明書など、自営業の方は納税証明書か確定申告書などがあるといいでしょう。

お勤めの方で書類を用意できない場合は、直近の給与明細などでも代用できますので相談してみてください。

転職したての場合は、雇用契約を結んだ契約書でも認めてくれる場合があります。

 

消費者金融でお金を借りる手順

必要書類を持って店舗に行きます。
そして窓口で受付して、書類に記入しましょう。

madoguchi

わからないことがあったら受付の方に質問をいれながら、書類を記入します。
借り入れ目的や必要な金額、他社からの借り入れの有無などを書き込みますが、嘘は書かないでください。

消費者金融は大抵の会社が歴史が深く、たくさんのデータベースを持っていますので、嘘を書いてもばれる可能性が高いです。そうなると信用が下がってしまいますので注意しましょう。

収入が少なくとも、借り入れが多くとも、正直に書くことが審査のコツです。
審査に通ったら、カードを受け取りましょう。そしてその場で借り入れを完了することができます。

 

誰にも知られたくない場合

借り入れを誰にも知られたくない場合は、インターネットで申し込むことができます。
必要書類はカメラで撮影してアップロードしてください。

申し込みを完結させて、あとはカードを受け取るだけです。
カードは郵送でも受け取れますが、急ぎの場合は無人契約機にいってください。