みーちゃん

知っておくとのちのち困らない予備知識をまとめてご紹介します。

に、まとを絞ってご説明します。

○○系について

消費者系、銀行系、信販系など…さまざまな○○系キャッシングサイト、キャッシング会社が存在します。 実際何が違うのか、明確には分かりにくいこの○○系について解りやすくご説明いたします。
 

 

消費者系 信販系や銀行系と比較すると金利は高くなっていますが、法定金利の上限を超える事がないように設定されています。法定金利で職種や年齢にもよりますが上限まで借りられるケースはごくまれとなります。

金額が少ないためスピード審査、即日融資を行っている会社も多く、一時的に急遽お金が必要になったときに便利なキャッシング会社といえます。

 

 

銀行系 まずはじめに、銀行系キャッシング会社は2種類存在します。銀行本体の名前と異なる会社がありますが、この場合はあくまでその銀行系列の会社です。銀行本体そのものから借りるのとは異なりあくまでもその銀行の系列会社の1つです。もう1つは三菱東京UFJ銀行のカードローンなどの銀行本体が行っている業務があり、この2つの違いをご理解ください。

つまり…教育ローン・住宅ローンなどの「カードローン」は銀行系の商品の1部と言えます。

銀行の出資割合、規模にも違いがあるので安心を得る為に銀行系列系の会社を利用する際は確認しておきましょう。

銀行が提供しているカードローンおよび出資しているキャッシング会社から借り入れを行うことを総称して銀行系といい、ここに銀行本体が行っている教育ローン・住宅ローンなどの高額ローンを含むことはほぼありません。

 

 

信販系 【クレジット会社】として耳にする会社=信販系。クレジットカードをお持ちの場合、そのカードが商品購入時のクレジットカードとしての役割だけではなく、現金借り入れの機能も兼ね備えていることをご存じかと思います。

  

キャッシングとローンの違いについて

 
キャッシング、カードローン、どちらも借り入れを行うことには変わりはないけど、じゃあ実際何が違うの?という疑問をよく耳にします。
 
簡潔に言うと、【キャッシング】と【ローン】には明確な定義はないようで、その使用用途は業界・業種によってことなります。
 
前項で説明した、消費者系や銀行等では【キャッシング】と【ローン】はほとんど同じ意味で、個人へ向けた担保不要の貸付といった意味合いを持ちます。
 
信販系では支払方法の選択によって違いますが、翌月に支払いが発生する貸付といった意味合いになります。
002242
 
大きく分類すると、
高額で使用用途の定められた貸付を【ローン】
少額で使用用途が自由な貸付を【キャッシング】

のように、分けておくと混在せず目的によって切り分けることが出来ます。
  

  

返済について

融資を完了し、その後の返済については知識が薄くなりがち。
しっかりと確認して、損の無い返済を行いましょう。
返済には落とし穴がたくさん潜んでいます。
 
返済方法
 
現在はさまざまな返済方法が利用でき大変便利になりました。人目を気にして窓口へ返済に行く手間もストレスも軽減されています。

もっとも利用しやすく、かつ手数料が省ける手段を選ぶと複数回におよぶ返済にあたる節約にもなります。
 
店頭窓口
ATM(無人契約機、コンビニATM、銀行ATM等)
インターネット
口座自動引き落とし
銀行振り込み
 
おもに利用される返済方法は上記になります。
ご自身にあった返済方法をご選択ください。

 
月々の返済額
 
とっつきがたくイマイチ理解の難しい返済方式。返済額や期間が変わってくる大事なものなのでしっかりと理解しておきましょう。
 
元利定額リボルビング方式
一定額=元金+利息
支払い開始から終了まで毎月の支払額が変わらないのでわかりやすく支払いの計画も立てやすいが、支払い開始当初は元金が減りづらく、返済期間が長引く恐れがある。
 
元金定額リボルビング方式
(一定額=元金)+利息
元金が確実に減るので比較的早く完済できる。
返済が進むにつれて毎月の返済額が少なくなる。逆に言うと、返済開始当初に返済額が多くなる。
 
残高スライド方式
元利定額リボルビング方式や元金定額リボルビング方式と合わせて利用でき、残高に応じて決められた定額を支払う。
残高が10〜20万円ならば毎月1万円、20〜30万ならば毎月2万円のようなイメージとなります。
 

みーちゃん

解りにくいので図にするとこんなイメージです。
 
元利定額リボルビング方式とは…

 
 
元金定額リボルビング方式…

 


  

利息の計算方法について

たいした差にはならないかもしれませんが、ちりも積もれば…
となる前に、少しだけ知識として取り入れておくと安心です。
 
基本的にはそれぞれのキャッシング会社でシュミレーションを行うことができますが、ここではざっくりとした計算のお話をします。
 
キャッシングの上限金利は年利18.0%に設定されている場合が多く見られます。
その場合10万円を30日間借りた場合の利息は約1,500円となります。
 

1か月分の利息の計算方法
 
【借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30日or31日)=1か月分の金利】
【借りた金額×年利÷12=1か月分の金利】
 
先ほどの10万円、18%の場合で計算してみると1,500円になります。
このようにこれはあくまでも概算で目安程度にご参考としてください。
 

総支払利息の計算方法
 
【最初の月:借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30日or31日)=1か月分の金利】
【翌月以降:(借りた金額-返済額)×年利%÷365日×1カ月】
 
これを12回繰り返し行います。
 

金利の上限
 
法律で定められた金利の上限は以下の通り。
 
・10万円以下の融資金額→20%
・100万円未満の融資金額→18%
・100万円以上の融資金額→15%
 

計算が苦手で困ってしまった場合
 
【借りた金額×年利÷12=1か月分の金利】
 
だけ覚えておいてください。概算はこれで充分計算できます。
 

みーちゃん

計算方法が難しく感じてしまうかと思うので
イラストでご説明いたします。
 
1か月分の利息の計算方法をサンプルにします。

 
こんな感じで覚えておいてください。