img_top
みーちゃん

新しい貸金業法のポイント

 

・総量規制
借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れができません。
借入れの際に、基本的に「年収を証明する書類」が必要です。

 

・上限金利の引下げ
法律上の上限金利が29.2%から、借入金額に応じて15~20%に引下げられました。

 

・貸金業者に対する規制の強化
貸金業務取扱主任者を営業所に置くことが必要。

point8_2貸金業法とは?

貸金業法は、消費者金融などの貸金業者からの借入れについて定めている法律です。

近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、新しい貸金業法がつくられました。

point8_2総量規制とは?

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた規制です。
貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、というものです。

(例)年収300万円の場合、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

point8_2借入残高が年収の3分の1を超えている場合、超えている額はどうすればいい?

年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、

貸金業者から新規の借入れができなくなるだけで、すぐに年収の3分の1を超えている額を返済しなければいけないわけではありません。

point8_2複数の貸金業者から借入れがあります。1社からの借入れが年収の3分の1を超えなければいい?

複数の貸金業者から借りている場合、全ての貸金業者からの借入れの合計が、年収の3分の1以内であることが必要です。
年収の3分の1を超えている場合、新たな借入れはできません。
(例)年収300万円の方で、貸金業者Aに80万円の借入れがある場合、貸金業者Bからは、20万円(300万円×1/3-80万円=20万円)までしか借りること借りることができない、ということになります。

みーちゃん

図で表すと、以下のようになります。
point8_6sポイントはすべての業者の総借入額が年収の1/3を超えてはならない。という事です。sam

point8_2貸金業者から年収の3分の1を超える借入れがある場合、クレジットカードのキャッシングは使える?

クレジットカードを使用したキャッシングは、総量規制の対象となるため、

年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れはできません。

point8_2貸金業者から年収の3分の1を超える借入れがある場合、クレジットカードで買い物をすることはできる?

クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)は、貸金業法の規制の対象外のため、

年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、クレジットカードで買い物をすることは可能です。

point8_2借入残高が年収の3分の1を超えているかどうか、貸金業者はどのように判断するのか?

貸金業者からの借入残高のデータは、厳格な情報管理のもと、「指定信用情報機関」に集められることとなっています。
貸金業者は、指定信用情報機関を利用し、借り手の借入残高を把握します。
借り手の年収については、基本的には「年収を証明する書類」を借り手から受け取ることで、把握する仕組みとなっています。

point8_2住宅ローンや自動車ローンの借入れがあるため、借入残高が年収の3分の1を超えてしまう場合は?

住宅ローンや自動車ローンは、総量規制の適用除外となっています(※)。
したがって、住宅ローンや自動車ローンがあるため、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、総量規制には抵触しません。

※住宅ローンや自動車ローンのうち、貸し手が銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協等の金融機関である場合、貸金業法の適用がある貸付けではないため、総量規制は適用されません。

みーちゃん

下図をご確認ください。
総量規制に当てはまる部分を黒い枠で囲ってみました。
不安な方は新規借り入れを行う前にご自身でまず!ご確認ください。