年齢 職業 勤務年数 年収
39歳 英語教師 11年 450万円
利用業者 利用場所 借入額 利用目的
ノーローン 東京都江東区 1万円 夕食費

 

アメリカから日本に留学した時は、日本語が全く分かずの状態でした。でも今は日本で素敵な奥さんと出会い、日本語もかなり出来るようになりました。でも子供には恵まれなかったものの、東京で幸せに暮らしています。

その中で迎えるは、愛する奥さんの誕生日。そこでビッグサプライズの為に、前から彼女が「行きたい」と言っていた銀座の高級レストランの予約を入れました。でも高級レストランにかかるお金はとても大きく、英語教師の給料ではちょっと厳しいですね。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

だから消費者金融で借り入れようと思ったのですが、外国人である僕が果たして借りられるかどうか…。でも色々調べてみると「プロミス」ならば外国人でも大丈夫という話だったので、早速申し込んでみることにしました。

時間は深夜1時頃だったかな?奥さんが寝静まった頃を見計らって、こっそり申し込みました。英語表記が無かったのでちょっとだけ苦労しましたが、今の僕には造作の無いことです。

プロミスから連絡が来たのは、翌日朝になってからのこと。入力内容の確認だったのですが、外国人ということもあってか込み入ったことも聞かれました。やっぱり外国人がお金を借りるのは難しいみたいです。

でも30分後ぐらいに再びプロミスから連絡が入り、仮審査は通過しました。その後本審査に臨む為に、亀戸駅近くにある契約機へと向かいました。この時も、つながったオペレーターから色々質問を受けたのは言うまでもありません。

借りたお金の使い道だけでなく、日本語がどれぐらい出来るのかも聞かれました。日本人は細かいです。でも何とかして審査は通り、お金も無事に借りることに成功しました。ちなみに借入金額は1万円。残りは僕のお小遣いで賄いました。

でもお金を借りたおかげで、奥さんへのサプライズは大成功!「お金はどうしたの?」と聞かれましたが、トップシークレットで乗り切りました。

外国籍を持っている人でも、キャッシングを利用することは可能です。定期的な収入があれば、どこの国の方でも関係ありません。

ただし日本の永住権を持っており、尚且つ日本語の読み書きレベルが高い人でないと利用はかなり難しくなります。永住権を持っていないとなると、下手をすればお金を借りたまま国に返り、借金を踏み倒されてしまう恐れがあるからです。

また契約を結ぶ時は日本語でのやりとりとなるので、一定以上レベルの日本語能力が必須となります。

更に審査に関しても日本人と比べると、やや厳しくなっている傾向にあります。でも配偶者や親族が日本にいるのならば、審査は有利になります。だから外国人だからとはいえ、絶対にキャッシングが出来ないという訳ではありません。

ただ実際に外国人を快く受け入れてくれる金融機関は、残念ながらあまり見かけないのが現状です。消費者金融ではプロミスでは受け入れてくれますが、他となるとやはり厳しいようです。