年齢 職業 勤務年数 年収
51歳 主婦
利用業者 利用場所 借入額 利用目的
みずほ銀行 横浜市神奈川区 200万円 食費

 

祖父母の贅沢をきっかけに

我が家は私達夫婦と二人の子供と、主人の両親である祖父母の6人家族です。
主人はサラリーマンで私はパートをして家計を支えています。
その祖父母が非常に贅沢で、食事の際にかならず5品を要求してくるのです

light_meal1

生活は苦しく、家のローンだって子供の教育費だってあるのに、毎食5品は家計的にとても大変です。
ですが夫は祖父母の要求どおりにしてやってくれというばかり。
私がいくら稼いでも、食費で消えていきます。

またちょっとした外出にもグリーン車を使いたがったり、温泉旅行では室内温泉つきのプランを希望したりなど、ちょっとした贅沢がやめられないのです。

なんどもやめてといいましたが、聞いてくれません。
年金も少なく、我が家に引き取り同居している身分なのに・・・
そこで私は、主人に内緒でカードローンを借りることになりました。

 

主婦でも借りられるカードローン

消費者金融はイメージがよくなかったので、銀行系にしました。
主婦でも借りられるとネットで見たので。

家族には内緒にしてほしくて、その旨を伝えて、借り入れを行いました。
最初はみずほ銀行カードローンで。みずほ銀行で我が家の住宅ローンを借り入れているため、審査は簡単だったようです。

これはラッキーでした。

みずほ銀行は我が家のメインバンクです。
定期も預けているので安心ですね。

ryouriwosurujosei

最初は50万円を借り入れて、日々の食費に宛てました。
食後にはデザート、おかずは5品など、贅沢を言う祖父母に影響されて、子供たちも手作り品でないと食べません。おかげで我が家の食費は6人で25万円です。

こんなにかかるとは予想外でした。

 

返済の日々が始まった

毎月家計簿をつけて、月末になって足りなくなったらカードローンでちょこちょこ借りると言う生活をはじめました。支払いは月2万円で借り入れが3万円単位ですので、元金はどんどん増えていきます。
その生活を続けて2年が経ったとき、借り入れは30万円になりました。
借りては返すを繰り返していたのです。

この生活が続き、主人が定年したとき、借り入れは200万円になっていました。
もうこれ以上借りられないと思っていたとき、相次いで祖父母が死去。
やっとこの生活から開放されると安堵しました。
ですが問題は返済です。

もうどうしようもなくなって主人に相談したところ、今までのことをわびてくれました。
そして黙って退職金で一括返済してくれたのです。
結果として、これでよかったと思います。今後は身の丈にあった生活をしていきたいと思います。