年齢 職業 勤務年数 年収
53歳 損保 21年 960万円
利用業者 利用場所 借入額 利用目的
千葉銀行 千葉県柏市 300万円 開業費用

 

リストラからの一発逆転を目指して

私は50代で、大卒後大手企業に勤めて結婚し、子供も授かり順調な人生を歩んでいました。

会社では部長に出世し、そこそこの収入を得て充実した毎日を過ごしていました。そこでリーマンショックがあってのリストラ対象になってしまったのです。
割り増しされた退職金を受け取って、私は50代にして世間の荒波に放り出されました。

1ヶ月ほど自宅でボーっとした後、就職活動を開始しました。
ですが大企業で部長であった私を雇ってくれる企業は少なく、ほとんど人を馬鹿にしたような給料でしかありません。
そこで私は独立開業を目指すことにしました

大好きなラーメンで食っていこうと思ったのです。
それにはまとまった資金が必要です。

 

銀行カードローンで借り入れて、独立開業を目指す

まずは割りまし退職金を使って、独立開業を目指す人の為のラーメン屋講座に通いました。
そして開業資金の調達です。これまでクレジットカードは使ってきましたが、銀行のカードローンははじめてでした。

通常の銀行本体の審査にもいったのですが、断られてしまいました。
さすがに無職と言うのが響きました。

ですが銀行のカードローンならと思い、地元千葉の千葉銀行カードローンに助けを求めたところ、300万円までの融資が可能との連絡がありました。

images

これで開業することができます。
残りは親戚と親に頭を下げて、妻の親戚にもお金を頼り、稼いで返すと約束して借り入れを行って集めた額は1000万円です。
店舗を見つけオープンの日にこぎつけました。

 

順調な滑り出し

ラーメンブームにあやかって、店は快調な滑り出しをしました。
やはり最初に学校で学んだのが良くて、売り上げは日に10万円前後になりました。

カードローンはなるべく長く返済することにして、計画を練りました。
月々の返済は5万円です。金利が高いのでもう少し経営が軌道に乗れば、こんどは銀行のローンに切り替えようかなと思っています。
退職金を費やして始めたあらたな人生のスタート。

この先どうなるかはわかりませんが、自分の腕を信じてがんばっていこうと思います。
ラーメンは原価率も低く、チャレンジしがいのあるビジネスです。
キレイ好きな妻も店を常に掃除してがんばってくれています。
子供たちも協力的で、賃金はお小遣い程度で店のスタッフをしてくれています。

ramen_tenin

家族の支えで、リストラと言う難関を乗り切ることができました。
もう怖いものはありません。